ダウンジャケット コーデ

ダウンジャケット コーデ

ダウンジャケットのコーディネート一覧表

ダウンジャケット+シャツのコーデ ダウンジャケット+カーディガンのコーデ
ダウンジャケット+黒パンツのコーデ ダウンジャケット+白パンツのコーデ
ダウンジャケット+グレーのパンツのコーデ ダウンジャケット+ジーンズのコーデ
ダウンジャケット+チノパンのコーデ ダウンジャケット+カーゴパンツのコーデ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンジャケットのコーディネート画像

ダウンジャケット+シャツのコーデ ダウンジャケット+シャツのコーデ

ネイビーのダウンジャケットとサックスのシャツと黒パンツと黒ブーツを合わせたコーデ

グレーのダウンジャケットと白シャツとパンツと黒シューズを合わせたコーデ

ダウンジャケット+黒パンツのコーデ ダウンジャケット+黒パンツのコーデ

ベージュのダウンジャケットとグレーのニットソーと黒パンツとダークブラウンのシューズを合わせたコーデ

ブラウンのダウンジャケットとグレーのニットソーと黒パンツと黒シューズを合わせたコーデ

ダウンジャケット+白パンツのコーデ ダウンジャケット+白パンツのコーデ

黒のダウンジャケットとグレーのカットソーと白パンツと黒スニーカーを合わせたコーデ

ネイビーのダウンジャケットとグレーのボーダー柄カットソーと白パンツと黒シューズを合わせたコーデ

ダウンジャケット+グレーのパンツのコーデ ダウンジャケット+グレーのパンツのコーデ

ワインレッドのダウンジャケットと黒ニットソーとグレーのパンツと黒ブーツを合わせたコーデ

黒のダウンジャケットと白シャツとグレーのパンツと黒シューズを合わせたコーデ

ダウンジャケット+ジーンズのコーデ ダウンジャケット+ジーンズのコーデ

黒のダウンジャケットとチャコールのカットソーとダメージジーンズとブラウンのブーツを合わせたコーデ

黒のダウンジャケットと白カットソーと黒ジーンズとダークブラウンのブーツを合わせたコーデ

 

 

コーデ提案元(スプートニクス)はコチラ

 

オシャレだと思うダウンジャケットのコーディネートは?【女性目線の回答】

ダウンジャケットはブラックを選ぶと無難すぎ、光沢のある素材だと「ゴミ袋みたい」に見えることがあるので、それ以外の色にするのがよりおしゃれだと思います。たとえばネイビーやチャコールグレーならほかのアイテムと合わせやすい色なのでおすすめです。ダウンはボリュームがあるため、ボトムスはタイト目のチノパンかジーンズがいいですね。色は黒かベージュがいいと思います。気候が許せば、コートの前を開けて中に思い切ってマスタード色のニットを着ると、差色になって素敵です。足元はレースアップのブラックのブーツがおしゃれです。

アウトドアや遊園地などのカジュアルなデートにダウンジャケットで来てくれると嬉しいですね。定番の黒やカーキもいいけれど、人と差をつけたければキャメルのダウンジャケットをチョイスして。トップスにネイビーのざっくりしたニットを、ボトムスにはジーンズを合わせましょう。足元はショートブーツかローファーで、色はキャメルでそろえるとおしゃれです。もう少し遊び心をプラスしたければ、トップスにはニットの代わりにギンガムチェックのシャツなんかを持ってきても素敵ですね。

ふわふわの狐色のファーがついた、カーキのダウンジャケットを着ます。インナーには、一番下に、白いユニクロのヒートテックのシャツを着て、その上にボルドーのニットセーターを着ます。下には、青いデニムのズボンか、黒色のコーディロイパンツを履きます。キャメルのヒール付きのロングブーツを履いて、ズボンの裾をブーツインします。首には、黒色のロングマフラーを巻き付けて、頭にグレーのニット帽をかぶり、大きめのショルダーバッグを肩からかけます。

ファーが付いている茶系のダウンジャケット、インナーには濃いグレーのニット、ボトムスはデニムジーンスをあわせたカジュアルなスタイルがとても素敵だと思います。シューズはレースアップのワークブーツなどをあわせるとコーディネイトにアクセントが効いてぐっとオシャレ感がでると思います。ダウンジャケットは一枚でとても暖かいのでインナーのニットは薄目がお勧めです。これと同様に、ダウンジャケットはジャストサイズを選ぶのがポイントだと思います。コートということでインナーを意識したサイズ感ではなく薄手のインナーを着ることを前提にしたサイズ選びが大切になると思います。

ダウンジャケットはボリューム感がない薄手のタイプならカジュアルになり過ぎません。黒を選んで、中にグレーかベージュのパーカーを合わせてください。着膨れしないように気をつけてくださいね。パンツは濃いカーキ色のカーゴパンツがいいです。ややゆとりのある細身のタイプならスタイルよくまとまります。足元には白のハイカットのスニーカーを合わせてください。薄手のニット帽も合うと思います。冬の晴れた日に公園でのんびり散歩したいです。

ダウンジャケットなら絶対にフードとファーが無いものが良いです。ダウンジャケットと言えばフードとファーが付いたものをよく目にしますが、それは中高生も着られるデザインなので大人の男性が着るには違和感を感じるし、お洒落とは言い難いです。個人的には田舎のヤンキーのような印象を受けます。だからこそ、フードもファーも無いダウンジャケットを着ている男性はグンとスマートでお洒落に見えます。ダウンジャケットは形だけでインパクトがあるので色はシンプルに黒でモノトーンコーデに仕上げるか、デニムと合わせてできるだけ色数を抑えると良いと思います。

定番の黒のダウンジャケットのコーディネートです。ダウンジャケットの中は、シンプルな白いシャツにベージュのVネックニットを重ねます。ニットからシャツの襟と裾が見えるように着ると、オシャレな感じになると思います。そして、それに細身のジーンズを合わせます。ダウンジャケットはそれなりにボリュームがあるものなので、中に着るものは全体的にぴたっとした細いラインにすると上品な印象になると思います。足元はダウンジャケットの色に合わせて黒のスニーカーやブーツにするとまとまりが出ると思いますよ。

ダウンジャケット コーデ記事一覧


ホーム RSS購読 サイトマップ